お蔵フェスタ2016レポート<後編>

お蔵フェスタ2016レポート<後編>

続きまして、ティーちゃんのレポートとみんなの感想をお届けします♪

-------------------------

こんにちは!ティーです。
3月13日に千葉県の下崎神崎にて、寺田本家さんのお蔵フェスタに出演してきました( ´ ▽ ` )ノ☆
毎年数万人もの人が訪れるというこのお祭り、今年も大盛り上がりでした( ´ ▽ ` )ノ
はなこりあでは、2つのステージで「はな神楽」と「旧踊り」の二曲を披露しました☆
曲の説明で、「お米を植える振り付けがあるので皆さんも一緒にやってください‼」と呼びかけると、踊りが始まった際にお客さんも一緒に手拍子や振りの動きをしてくれました!!
そして踊った後は、寺田本家さんの日本酒の試飲し放題をさせてもらったり、お隣の蔵、仁勇さんの酒粕詰め放題(なんと300円!)をしたり、美味しい野菜や発酵を使った屋台を食べ歩いたりと、充実した時間を過ごすことができました( ´ ▽ ` )ノ
練習、本番を通じて、本当にチームワークを感じられる期間でした。私個人としては、はなこりあ出演は3回目、まだまだわからないことだらけの中、いろんな人が自然にフォローしてくれて、なんの心配もなく踊れたのは本当にメンバーみんなのおかげです。本番前夜恒例の皆でやまぴょん家お泊まりも楽しかったな☆本当にみんなに感謝です!
来年も出たいな、お蔵フェスタ☆
(ティー)

-----------------------
以下、ほかの参加メンバーの感想をお届けします!
-----
僕は3年連続でお蔵フェスに参加してるんだけど、こんなに観客が盛り上がったお蔵は初めてです!例年の10倍近くの歓声につつまれ、本当に驚いたー!
とは言え、例年のお蔵で歓声があがらなかったという訳ではないのです。今回はとにかく桁違いの歓声だったということ!
ちえちゃん、くみちゃん、せりーぬ、たっちー、げんちゃん、ひきっちゃん、きゃなぴ、teaちゃん、そして新人にも関わらず大活躍の、うっちー、てるちゃん。
このメンバーだったから、最高の歓声が上がったのではないか!
このメンバーだったから、例年より僕の燃え尽き症候群がひどいのではないかと思いました!
今度はこのメンバーにともちゃんを加えた12人で踊りたい!そしてステージに上がりたいと心底思います!
皆々様、今後ともよろしくお願いします!!(^○^)
(やまぴょん)
 
お蔵フェスの燃え尽き症候群にかかっているてるちゃんです(笑)
みんなと踊れて本当に楽しかった〜踊り未経験の私は、みんなの大きな愛に包まれて、安心して踊ることができました。幸せです。とても居心地がよく、新人なのに、思ったことをいろいろ好きに言わせてもらっちゃいました。反省。打ち上げでは、私事までカミングアウト?ちょっと呑みすぎたかしら?
やまびょん、お母様と来年是非一緒に踊りたいです。
メンバーだけじゃなくて、多くの人達の応援があって、踊ることができることを、しみじみと有り難いと感じています。
出会いに感謝します。そして、これからもよろしくお願い致します。
踊りだけじゃなくて、詩の朗読を褒めてもらえたことも、すっごく嬉しかった〜はなこりあを予習して、練習してよかった。ありがとうございます。
(てるちゃん)

自分で言うのもなんですけど、素敵な写真が沢山だね(≧∇≦)
腕じゃなく、皆の笑顔が眩しすぎる☆
決めポーズを狙い撮りしたけど、難しかったー。次は必ず|( ̄3 ̄)|
いや、違うな。12番目にエントリーしないきゃ。ぶつぶつ。
何はともあれ、私もイベントに参加出来て楽しかったです。ありがと〜ん☆
(マネージャー とも)

 俺は、前日集まって銭湯行ったりやまぴの家で飲みながら色々話ができたのが良かった
(げんちゃん)

美味しいものたっくさん!で、しかも来ている方々がとってもあったかいフェスだったので、むちゃくちゃ楽しく踊れました!!
なにより、スタートから本番、そして打ち上げまで、ひとつ一つをみんなで創っていく、という感覚が嬉しかったです。あ、一員だなぁ私も!と、ワクワクしました(*^^*)
メンバーが良すぎたんだな〜(笑)
ありがとうございました❤

(ひきっちゃん)

 

 

みんなで役割分担しながら創る過程が特に楽しかった(o^^o)
お蔵の試飲のお酒を注いでくれる方がはなこりあの事を覚えててくれて(私は連続3回踊ってるから!笑)「今年も踊るんですね」って声かけてくれたのが嬉しかった!
また来年も踊りたいなぁ🎶
(せりーぬ)
 
発酵の里神崎「酒蔵まつり」に参加して゚+..。*゚+
演舞は、300年以上の伝統を持つ2軒の酒蔵 鍋店(株)と(株)寺田本家を中心に、
両蔵の沿道を歩行者天国とした会場で行われました。
 
「はなこりあ」のみんなで青空の下、笑顔の花をさかせたこと
とても貴重な時間となりました。
人、土を近くに感じ、踊る楽しさを体感しました。
本番は、会場の皆様がとても温かく見守っていただいた中進みました。
練習では、一人一人が各人の目標、課題を持ち動きました。
今回は、全メンバーが個人の役割を意識し、行動に移したことで 
新しい形で本番を迎えられたと思います。
会場には、「はなこりあ」に声を掛けてくださる現場スタッフの方も居て
継続する大切さを再確認しました。
貴重で楽しい時間をありがとうございました。
(くみちゃん)
 
おくら初参加でした!
前日練習からの合宿でみんなと話す時間たくさんあって仲良くなれたのが嬉しかったです(^^)
当日は、自由時間が多くてみんなと楽しめたのが良かったです♪踊りを大切にしながら、その場のイベントや雰囲気も楽しめるのはすごくいいなぁ〜と思いました。また参加したいです!
(かなこ)
 
今回のお蔵フェスタで印象に残っているのは「みんなで発酵したこと」。
表参道での初回ミーティングから練習、前日のお泊まりや打ち上げにいたるまで。
みんながそれぞれに力を出して本番を迎えるまでに、個性あふれるみんなと発酵してひとつになったようで、とても楽しかった!

あと本番の時に、会場に応援に駆けつけてくれたメンバーやお客さんの存在がとてもありがたかったです!

あたたかい場所で演舞できることに感謝!!
(ちえ)

 

箇条書きですがお願いします!
・1泊2日というのがいい。ただ踊って終わりではなく、各メンバーと色んな話ができる!
・みんなで銭湯に行ったのも楽しかった!
 (やまぴょんの自宅が最高。お母さんの料理にも大満足。感謝感謝)
・新規加入のうっちーとてるちゃんのパワーがハンパなかった!
・思った以上に出店数も多く、お祭りとしても十分楽しめた!飲み放題の甘酒が上手すぎて感動。
・メインステージ、河原ステージの二か所で演舞を楽しめる。他のよさこいチームの出演はなかったため独壇場!
祭りの終盤のフラッシュモブは会場全体の一体感があり最高に気持ちよかった!主催者から「はなこりあ」の紹介があり、お祭りに「はなこりあ」が欠かせない存在になりつつあることを感じた!
・来年も参加したい!

(たっち)

 

| 出演レポート | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

お蔵フェスタ、最高でした! お蔵フェスタ2016レポート<前編>

お蔵フェスタ2016に今年も出演しましたー!まずはレポート【うっちー編】をどうぞ♪


「おくらフェスって、楽しいよ♪」

2年前に聞いた友だちのセリフ、ずっと覚えていて、ずっと参加したくて、やっと参加できたこのイベント。
発酵食品しかり、お酒飲み放題、酒粕つめ放題!!素敵!



でも、ただ行くだけじゃなく、やっぱり参加する側にいきたいな。
参加するにはまずは踊りの練習を!
と思いながらも1回しか練習日程があわず、、、でも参加したかったので、はなこりあの代表ちえちゃんにご相談。温かく迎え入れてもらいました。

その練習1回にすべてをかけて、「旧踊り」の練習をしました。

みんなが親身に練習を見てくれて、何度も何度も見本を見せてくれたおかげで、なんとか踊れるように。

「旧踊り」という踊りは、出口のポーズがあったり、よさこいっぽかったり、田植えのシーンがあったりと不思議な踊り。久しぶりに汗をたくさん流しながら、集中して身体を動かすことの喜びを味わうことができました。

最近、自分が本当に何やりたいかな?って考えることも多くて、なかなかすっきりしなかったけど、この運動後のスッキリ爽やかな爽快感は格別でした。久しぶりのこの感覚。それが嬉しかったです。

そして、あっという間に本番前日(笑)
練習はもちろん、みんなで温泉で語り、メンバーの実家に泊めていただき語り、みんなで眠る。これが本当に本当に楽しかった。
青春時代カムバックアゲイン!
みんなで同じ目標に向かい、寝食を共にする。
このなんとも言えない充実感。



いよいよ本番を迎えました。
当日は、お祭りの趣旨も内容も素敵だったことはもちろん、私にとってはみんなと笑顔で踊れたことが何よりの幸せ。
青空の中、パラグライダーが空を飛ぶ真下で、みんなで心を1つにして踊る一体感、ほとばしる汗、観客の方の手拍子、笑顔、何もかもがリンクして、「今、生きてる!」って実感した瞬間でした。











今回のイベントで感じたことは、
やっぱり仲間と同じ目標に向かい、心を1つにして取り組むことは、自分にとってやりたかったことだったんだなと再確認したことです。
この感覚!
大人になってもやっぱり忘れたくない!

それを思い起こさせてくれた今回のイベントでした。

何より、はなこりあのメンバーが温かくて、初めての自分を受け入れてくれた。それを心の底からそう感じられた素敵なメンバー。だからこそ、楽しめたのだと思います。



幸せなひとときを
本当にありがとうございました!
また参加したい!

(うっちー)
 

| 出演レポート | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

2016年、第34回高麗野遊会【前編】


【前半】
5月8日(日)快晴の中「高麗野遊会」に参加してきました。かなり久しぶりの参加、ゼブリンです\(^o^)/
参加者はもりもり、くみちゃん、わか、げんちゃん、たっち、チュン、なつです。
お披露目するのは新踊りと旧踊り。旧踊りは今年も朝鮮大学の学生さんとの合同演舞。

 



朝10時、現地到着。朝鮮大学生も集まり自己紹介載せ後ストレッチと練習。

 



大学生はさすがの若さと運動神経の良さで順調に練習が進みました。今回の参加は全員男子!ノリもよく、特にフリーの動きになると目を輝かせて弾けていました。

 


合同練習後はなこりあメンバーで新踊りを練習。多少(?)の不安を抱えながらも、近くで休憩していた方々の拍手の中、なんとか練習終了、衣装に着替えて会場へ向かいました。


到着するころに「かんぱーい」の声。少し遅れちゃいましたが、すぐに各自の七輪へ着席。踊る前は軽く食べよう、と言っていたのについ食べて、飲んでしてしまう味と雰囲気。ステージではダンスや歌、スピーチなど盛りだくさんの企画。パフォーマンスのたびに観客も立ち上がり、前に出てみんなで踊る、の繰り返し。
すっかり楽しんだ頃、いよいよはなこりあの出番。すでに前の出演者たちによって温められていた会場と、独特のコリアンノリ、アルコール、美味しい食事などの相乗効果により、とても踊りやすい雰囲気でした。


もりもりのあいさつでさらにテンションが上がり、演舞の始まり。

 


暖かい(熱い?)空気の中、とても充実した新踊りの次はいよいよ朝鮮大学生たちを迎えての旧踊り。練習の時に決めた気合い入れをし、いざ、本番。笑顔で「忘れた〜」というほろ酔い大学生もいて、少々心配でしたが(笑)本番、バッチリでした!


お客様も前に出て来て一緒に踊り、会場は再び一つに。踊りの後、朝鮮大生たちと感動を分かち合い、来年も一緒にやろう!と約束し記念撮影。


ステージでは川柳の発表が始まり、はなこりあからもなんと2人も、くみちゃんとげんちゃんが選ばれました!おめでとう!!!!!(いつの間に応募していたのか…すごい!)
最後は朝鮮大学のサムルノリのリズムに合わせて全員で輪になり踊りつくし、全員で記念撮影し、お開きになりました。


自撮り棒ではなこりあメンバーも記念撮影♪

 


そして振り返りの時間。朝伝えてあったミッションを中心に、感想を話していきました。


必須ミッション「韓国語を3語以上使う」は達成出来たのか、どんな交流ができ、何を感じたのか…感想は、【後半】へ続く…♬(ちびまる子ちゃん風)

続きを読む >>
| 出演レポート | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

八豊祭2015・出演レポート

10月18日(日)、茨城県石岡市・朝日里山小学校にて行われた八豊祭(やっほうまつり)に初参戦してきました!
ブログ担当のたっち♪です!

はなこりあとしては今年で4度目の八豊祭。過去の開催では天気に恵まれないこともあったそうですが、今年は快晴の下に開催です!これも各メンバーの日頃の行いの賜物でしょう(^^)

学校の校庭からは、紅葉を間近に控えた山々が四方に見えました。この景色を一望できるだけで、この地にきた甲斐がありますね〜♪空気もおいしい〜♪



10時からは、体育館で場当たり&通しリハーサルです!本番前の最後の練習になるため、各メンバーから緊張感がただよってきます。かくいう私は未だに振りを覚えきれておらず、最後の練習に神経を研ぎ澄ませますっ!う〜ん、胃が痛い(>_<)



八豊祭の実行委員メンバーも合流し、本番前にして初めて出演踊り子が勢揃いっ!さっこさんリードの下、とてもよい時間を過ごせました!



濃厚な1時間を過ごした後は、心気一転、それぞれが気の向くままに八豊祭に繰り出します♪

時間は11時過ぎ。校庭に戻ると、たくさんの人達がどこからかともなく集まってきていました。ステージからは心地よいサウンドが聞こえてきて、自然と足がそちらへ向かいます。



ステージで歌い続けるバンドに釘付けになる八豊祭の参加者を見ながら、数時間後にステージで踊る自分達の姿を重ねます。先月の「日韓交流おまつり in Seoul」で体感したお客さんの笑顔、あの時の感動が蘇ってきました!あ〜早く踊りたい♪

とはいえ、演舞までまだまだ時間がありますので、ゆっくりと八豊祭を楽しみましょう♪
つきたてのおもちを食べたり、挽きたてのコーヒーを飲んだり、筑波山のふもとの清流で捕れた岩魚の塩焼きを食べたり、手作りのソーラー電気システムで携帯を充電したり、地元のおばあちゃん達から藁(わら)で縄を作る術を学んだり、くずのつるでリースを作ったり、自然なお産を考えるライブトークに参加し女性のお産の大変さを疑似体験したり、自由気ままに八豊祭を楽しみ尽くしました!






お祭りというと、どうしても屋台を思い浮かべてしまいますが、八豊祭では、様々なブースがこれでもかというぐらい出ていて、わずかな時間ではありましたが、田舎の豊かさと人々の知恵を体験することができました!もぉ〜大満足♪

時間が経つのはあっというまで、演舞の時間が迫ってまいりました。あと1時間程で本番です!
控え室に緊張感が漂います(>_<)



いよいよ本番。ステージ横でまささんのかけ声に合わせて、気合入れです!やっほう♪やっほう♪
さぁ、心を一つに、いざステージへ!!



イバさんの詩の朗読から始まり→はな神楽→イガちゃんの田植えレクチャー→新踊り→最後に旧踊を踊りました。






これまで私が参加したお祭りとは異なり、手を伸ばせば届きそうなところにお客さんが!テンションはすぐに最高潮!私達の思いが渦となり会場をのみこんでいきます。最後の旧踊りでは、お客さんと一緒に田植え踊りで盛り上がりました♪私達もお客さんも笑顔満開です!私達の華(踊り)で花(笑顔)が咲き、会場全体がハナ(1つ)になりました!それはまた、私の中で新たな思いが生まれた瞬間でもありました。お客さんの笑顔をもっと見たい!またこの地で踊りたい!また来年も戻ってきます。八豊祭に関わるすべての人に感謝して。We love Yahho!!



レポート:たっち♪
写真:たっち♪、Sayaka Mochizuki

※この他の写真はFacebookページにアップしています☟

10/18(日)、茨城県石岡市にて開催された「八豊祭」に出演しました!お天気にも恵まれ、来場のお客様も一緒に踊ってくださり、とても楽しい出演となりました。フィナーレではみんなで龍神様&神輿をかつぎ、大きな輪ができました。今年も"やっほう!"な時間をありがとうございました。Photo by Sayaka Mochizuki

Posted by はなこりあ Japan on 2015年11月1日
| 出演レポート | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile