<< YES PEACE! SDGsハッピーアースパレード in 渋谷 参加レポート | main|

2019高麗野遊会〜未来スケッチ♪

令和元年、みなさまいかがお過ごしですか?

今年の高麗野遊会は、新元号になって1発目のイベントとなりました。

 

スローガン<KOMAからつながる未来>に向けてということで、参加希望者内で、朝鮮舞踊を教えてもらおうかとも考えましたが、合同練習もかなわず、短期間で踊れるものではないとのことで、例年通り旧踊り&新踊りを踊ることになりました。

一緒に踊る旧踊りは、学生さんに動画共有しただけで、後輩のみんなに当日までにみっちり教えておいてくれていて、当日朝は2回程あわせただけ。なんとも頼もしく、先輩後輩の仲の良さを感じることができました。

新たな試みとして、境内での参集殿下の前に日朝朝日学生交流ネットワークのみなさんが学習会をやりたいと思っているという話を聞き、ぜひはなこりあも参加させてほしいとお願いしました!その学習会では、高麗神社に祀られている高麗若光について、武蔵国高麗郡について、高句麗渡来人について、“高麗”を“こうらい”ではなく“こま”って呼ばれる理由など、ちょっとした楽しい小話も交えた、いつか朝鮮学校の先生になるということに、期待に胸が膨らむとてもすばらしいプレゼンでした♪

このあと、参集殿下にて宮司さんからは、学生など若者向けにわかりやすく楽しくお話してくださいました!

 


 


     

 
 

 

当日はサムルノリの演奏や、世界にひとつだけの花を日本語と朝鮮語で歌ってくれたり。フィナーレには参加者のみなさま巻き込んでの統一列車♪青空のもと、あたたかなひとときとなりました。

 

今回初めて幹事をさせていただいて、うまくまとめられず1人突っ走っているようになり、一緒に参加したメンバーには申し訳なかったなという気持ちでいっぱいです。それでも、参加者のみなさまには、朝鮮大学校の学生さん、日本コリア未来プロジェクトの学生さん、はなこりあ、朝鮮学校の卒業生の方やそのご家族、などなど、いろんな方々との交流があっての野遊会なので、みんな楽しい時間を過ごすことができました♪

 

うまくまとめることはできなかったけれど、幹事というものに挑戦してみてよかったなと思います。また、幹事やってみよう!というメンバーが増えるといいなと思います。サポートしてくれる人は、はなこりあ内外にきっといっぱいいるはず!!

 

だって、踊りを通して、チームでハナになれるってステキなことだから☆

 

それでは、参加メンバーの感想をどうぞ☆彡

 

・久しぶりに参加した野遊会では、学生のエネルギーと柔軟性に終始圧倒されて、明るい未来を期待せずにはいられない、そんな会でした。当日は相変わらず晴天に恵まれ、青空の下一つの七輪を囲み、美味しい煙に燻されながら、呑み語らい踊るあの高揚感と一体感は、参加した人にしか味わえない醍醐味だなぁと。

当時と変わらないのは、日本と朝鮮半島の狭間で生きる彼女等に、私自身共感する部分があること。一方で、自分をとりまく環境や心境は少なからず変わっている中で、彼等の大事にしていること、想い、代々守り続けている社会は変わらない(様に見える)その強さと一貫性、共に歩む仲間がいることに、羨ましさや淋しさのようなものも感じた1日となりました。

 

・高麗野遊会に参加して、よかった!

ともに踊り、食事をして語らうことができるこの場を継続していく必要があると実感しています。これからも、参加できるときは参加していきたいと思います。

 

・2回目の高麗野遊会参加。

1回目は、はなこりあに自分が加入してまだ4日目のこと。

不慣れな踊りに、観客から盛大な苦笑いを頂く。

悔しさを胸にリベンジを誓い、早6年、遂にその時がやってきた…

青空の下、肉の薫りを身に纏い、一舞入魂。観客を睨みつけながら一心不乱に自分の全てを込めて踊った。

演舞が終了後、同じ卓で食事をしていた女史より、多大なる激賞を頂いた。

リベンジ、これにて完遂。

 

・今年も高麗野遊会に参加できてよかった!長年参加していて、いつもそれぞれに素敵な時間だと思う。

今年うれしかったことは、朝鮮大学のリーダーの学生さんが「高麗野遊会が続く限り、この踊りの交流も続けます」と言ってくれたこと!ホントに続けて来てよかった...!

そしてもうひとつ、4年前に一緒に踊った学生さんが、大学に勤務することになったそうで、ここで久しぶりの再会‼︎

彼は交流に積極的な姿勢で、一人でもはなこりあの練習に来ようとしてくれたり、卒業してからも相談に乗ってくれて後輩の参加を後押ししてくれたりしていて、また会えたのが本当〜にうれしかった!!

昨年は事前の練習もあったこともあり、昨年のはなこりメンバーをおぼえていてくれて、「◯◯さんは今年はいないの?」と何人かに聞かれて、それもすごくうれしかった。その交流があってか、昨年参加の学生さんもたくさん当日サポートで踊ってくれました!

とにもかくにも、こうした場があることに感謝し、今年も一緒に踊れたことに感謝します

 

・朝鮮大学校の存在は今回のイベントでわかりました。外国人の肩書きだけで差別されることはまだまた存在していることは少々悲しく感じました。しかし、現在皆さんの考えも変わりつつあるので、ダイバーシティな国になりつつあると思います。私も外国人の一人として、日本がどんなに見た目の違う人、考えの違う人まですべての人にとって住みやすい国になることを期待しています。

 

・晴天に恵まれ今年もともに笑い踊り歌いBBQができてうれしかったです。

このような交流は貴重で大切な時間と再確認しました。

七輪を囲みて笑う平和への一歩♪

終わりに。

 

日朝朝日学生ネットワークの学習会は、定期的に朝鮮大学校で行われています。高麗野遊会の写真も更新されているのでぜひチェックしてみてくださいね★

https://www.facebook.com/kjnetwork/

年々参加する日本の大学生も増えているようで、興味のある大学生のみなさんは参加してみてはいかがでしょうか。

 

また、そんな高麗野遊会当日までの進行を、参加しないながらも見守っていてくれたイセッポが、当日参加してくれた日本コリア未来プロジェクトの学生さんや昨年参加してくれた学生さんを通じて、日本コリア未来プロジェクトさんの学習会に、はなこりあメンバー(社会人もオッケー)も参加できるよう調整してくれていました〜ありがたや〜♪

 

学んで、飲んで、踊れる機会。

これからも続けていきたいですね。

 

以上、高麗野遊会報告でした。

 

ふっきー

| 出演レポート | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://blog.hana-korea.net/trackback/202

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile